ー THESPAKUSATSU GUNMA OFFICIAL FANCLUB ー
THESPANIC
TEAM MAGAZINE
ザスパに関する情報を盛り込んだチーム情報誌「ザスパニック」
12.27
ザスパクサツ群馬U-15 石川叶人・河地颯木 「チーム情報誌 -Thespanic- Vol.65」

将来は世界から認められるサッカーを選手を目指して

〜 未来を支える子どもたち、ザスパクサツ群馬アカデミー 〜

 

■ 最初に簡単な自己紹介(ポジション・プレーの特徴など)をお願いします。

石川叶人:

「主にプレーしているのはボランチです。ストロングポイントは、左足からのキックの精度・ロングボールからの展開力です」

河地颯木:

「ボランチとしてチームのバランスをとる・ビルドアップやパスで攻撃に勢いを付けれる部分が特徴です」

 

■ サッカーを始めたきっかけ・ザスパクサツ群馬アカデミーに入団した理由は?

石川叶人:

「小学4年から群馬のアカデミーでサッカーをやり始めました。兄もサッカーをやっていて、群馬との試合を見たときに、レベルの高さを感じ僕もこのチームでやりたいと思いました」

河地颯木:

「ザスパクサツ群馬アカデミーに入る前は別のチームでサッカーをしていたんですけど、小学3年生のときにアドバンススクールに入ったことが一番のきっかけです」

 

■ ザスパクサツ群馬アカデミーの魅力は?

石川叶人:

「プロチームの下部組織なので、練習の強度・内容が充実していて、自分自身の成長にも繋がっています。小林竜樹コーチはプロでも活躍していた選手だったので、サッカーへのこだわりなどを話してくれて、とても勉強になります」

河地颯木:

「監督・コーチが選手一人ひとりをしっかり見てくれて、コミュニケーションをとってくれる部分が魅力だと思います。プロで活躍していた方もいるので、経験談を聞けるのも嬉しいです」

■ 群馬でサッカーをして成長できた部分は?

石川叶人:

「サッカーというものを教えてもらいました。がむしゃらにボールを蹴るのではなく、ポジショニング・ボールのもらい方・体の使い方など、そういう基本的なことを丁寧に学ぶことができました。基本がしっかりしていれば、プレーの幅も広がっていくと思いますし、色々な応用もできます。そういう部分は成長できましたし、ザスパクサツ群馬アカデミーを通してサッカーを知ることができました」

河地颯木:

「周りを見ること、相手を観察することはいつも言われていたので、そこは常に意識できるようになりました。状況判断のスピードと正確さが大事なので、そこは成長できた部分です」

 

■ 2022シーズンを振り返って思い出に残っている試合は?

石川叶人:

「高円宮杯(関東大会)横河武蔵野FC戦です。チームとしてレベルが高いのはもちろん、選手一人ひとりの技術・フィジカルも圧倒的で、印象に残っています。関東・そして全国で戦っていくには、このままじゃダメだと痛感しました」

河地颯木:

「群馬県クラブユース選手権の準々決勝(KRILO戦)です。関東大会への出場をかけた試合だったんですけど、PKまでいって勝利することができました。チームの絆もより深まった試合で思い出に残っています」

 

■ それぞれの選手がどんなプレーヤーなのかどんな人物なのか教えてください。

石川叶人:

「河地選手とは一緒にダブルボランチでプレーをしていました。僕が積極的に攻撃参加をすることが多いんですが、上手くバランスをとってくれたり、足元の技術もあるので、とても安心してプレーをすることができました」

河地颯木:

「試合のときはチームの誰よりも走ってくれて、攻撃・守備の両方で中心となる選手でした。僕があまり攻撃的な選手ではなかったので、一緒にプレーしていてとても心強かったですし、何度も助けられました」

 

■ 2023シーズンの目標・将来の夢

石川叶人:

「2023シーズンはザスパクサツ群馬のユースでサッカーをするので、1年生から試合に出て結果を残して、トップチームの練習にも参加したいですし、トップから声を掛けてもらえるような選手になりたいです。そして将来はプロとして、世界に認められる選手になりたいです」

河地颯木:

「2023年は文武両道を目標にして頑張りたいです。そして、将来はプロサッカー選手として活躍できるようになりたいです」

 

取材日/2022年12月

ー OFFICIAL FANCLUB NEWS ー
Category
PREV
NEXT