2016年11月15日
【トップチーム】青木良太選手、常盤聡選手 引退セレモニーコメント掲載

今までありがとうございました!

11月12日(土)に開催された明治安田生命J2リーグ 第41節 徳島ヴォルティス戦の試合終了後に開催されました、青木良太選手と常盤聡選手の引退セレモニーでもコメントを掲載いたします。
残り、1試合ありますが、2選手の引退に花を添えることができるよう、岡山に勝利して2016シーズンを締めくくりましょう!

《青木良太選手 コメント》

「今日は正田醤油スタジアムに足を運んでいただき、ありがとうございます。
先日、発表しましたが、今シーズン限りで現役を引退することを決断しました。
はじめに、このような引退セレモニーの場を与えてくださった関係者の皆さんありがとうございます。
14年間というプロ生活、決して順風満帆ではなかったですが、たくさんの方々の支えで続けていくことができました。
日頃からご支援いただいているスポンサーの皆様、共に戦った選手、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、マネージャー、フロントスタッフ、サッカーを通して知り合った仲間。
そして、どんな時も熱い声援を送ってくれるサポーター。本当にたくさんの方々のおかげで、充実したプロ生活を送ることができました。本当にありがとうございました。
これからは、ザスパクサツ群馬がJ1に昇格することを願っていき、応援したいと思います。
最後になりますが、今日かけつけてくれた家族、そして一番近くで見守っていてくれた妻と子供に感謝したいと思います。本当にありがとう!
皆さん、本当にありがとうございました。」


《常盤 聡選手 コメント》

「本日は、お寒い中、正田醤油スタジアムに足を運んでいただき、ありがとうございます。
また、このような素晴らしいセレモニーを用意してくださった、チーム関係者の皆さま、ありがとうございます。
今日のホーム最終戦をむかえる前の、11月8日の日に引退を発表させていただきました。
その経緯につきましては、今年の3月、ここまで私を育ててくれた母が他界してしまい、その現実に向き合い、自分なりに考え、実家の家業に専念することを決意しました。
22年間という長いサッカー人生でしたが、その中でも、水戸ホーリーホック、ギラヴァンツ北九州、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本、そして、このザスパクサツ群馬にお世話になることができて、また、チームメイトにも出会うことができて、本当に幸せでした。
決して満足のいくサッカー人生ではなかったですけど、どんな時でもサポートしてくれていたファンの方々、今まで本当に僕の背中を押してくれて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
サッカー界からは、これで退くことになりますが、また、どこかでお会いする機会がありましたら、選手の頃のように気軽にお声がけいただけるととてもうれしく思います。
今まで、7年間という短いプロ生活でしたが、本当に熱い声援を送っていただき、ありがとうございました。」


本件に関するお問合せは(株)草津温泉フットボールクラブ 広報部
TEL:027-225-2350 FAX:027-225-2355