2016年09月17日
【試合レポート】2016明治安田生命J2リーグ第31節北海道コンサドーレ札幌戦

試合レポート

 首位札幌に対し、19本ものシュートを浴びせた。しかし、結果は1−3で敗れた。ザスパは試合内容で上回りながらも、札幌に決定力の差を見せつけられ、リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫した。服部浩紀監督は「ゲームの中身はうちのプラン通り。首位と15位のチームの差が後半に出てしまった」と嘆いた。
 天皇杯を挟み、3週間ぶりに再開したJ2のリーグ戦。再開前の8月を負け無しの3勝1分けで過ごし、ザスパは勢いを持ってアウェーの地に乗り込んだ。シーズン終盤の上位浮上への足がかりとして、目指すはリーグ首位を独走する札幌撃破。服部監督は今季の基本システムである4―4−2を用い、2トップを山岸祐也と瀬川祐輔の大卒ルーキーコンビとし、両サイドアタッカーに小林竜樹と高橋駿太、ダブルボランチに不動の松下裕樹と中村駿のコンビ、両サイドバックには舩津徹也と高瀬優孝を配置した。センターバックは乾大知とパクゴンのコンビ、GKは開幕から続いて清水慶記となった。
 札幌戦に向けたトレーニングで、コーチングスタッフから球際での強さを徹底して植え付けられてきた選手たち。試合はその成果を発揮し、立ち上がりからザスパが気迫で相手を押し込んだ。
 札幌の最終ラインに対し、2トップを中心にプレッシャーを掛け、ミスを誘ってボールを奪うザスパ。2列目の選手も連動し、組織的な守りから素早き切り替えで相手ゴールに迫った。
 いい流れで試合に入った矢先だった。わずかな隙を突かれ、痛恨の失点を喫した。10分、中盤でのボールの奪い合いから、最終ラインがわずかに崩れ、オフサイドギリギリのタイミングで自陣右サイドの背後を取られると、最後は中央で元ザスパの札幌FW都倉賢に押し込まれ、ゴールネットを揺らされた。
 自分たちのペースで試合を進めていた中でのミスからの失点だっただけに、気落ちしかねない展開だったが、気持ちを切り替え、すぐさま反撃を開始した。19分、ハーフウェーライン付近で高橋がこぼれ球を拾うと、一気にカウンターを発動。高橋がドリブルで持ち込み、左サイドに流れた山岸にパスし、ワンタッチで相手の背後へ。抜け出した瀬川がGKとの1対1を上手く流し込み、同点に追いついた。
 試合を振り出しに戻したザスパは、勢いに乗って次々とチャンスをつくった。25分にはカウンターから瀬川が積極的なミドルシュート。28分には山岸がPA内でシュートを放った。31分には相手DFのミスパスを小林がカットし、ビッグチャンスとなったがシュートは枠を外れた。36分には中村駿が枠内にミドルシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれた。
 圧倒的に攻め込んだが、最後の局面で決定力を欠き、1−1のまま折り返した。
 後半も立ち上がりからペースを握ったのはザスパだった。9分、自陣から一気にカウンターを仕掛け、最後はPA内へのスルーパスに小林が反応。GKと1対1となるが、シュートが枠を外れた。
 決定機を逃したことで、時間とともに流れは札幌へ。ザスパはGK清水慶記を中心にしぶとく守っていたが、耐え切れなかった。
 33分、右サイドを突破されてクロスを許すと、最初のヘディングシュートはGK清水が足で防ぐも、最後はこぼれ球を押し込まれ、1−2と勝ち越された。
 さらに37分、都倉にこの日2点目のゴールを叩き込まれ、力尽きた。
 終盤まで狙い通りの戦いを繰り広げていただけに、悔やまれる敗戦となった。審判の判定に微妙な場面もあったが、「判定やアクシデントがあったとしても、逆にうちがその前のチャンスを決めきっていれば結果は違っただろうし、審判や風、12時キックオフなど、様々な困難な状況があったが、そういう部分を含めても相手の方が上だったのでこういう結果になった」と服部監督。相手のゴールシーンなど、微妙な判定の場面でも、その前のプレーで簡単に抜かれたり、クロスを許したりと、自分たちのミスが失点のシーンのきっかけとなっているだけに、敗戦を受け止め、次に繋げていきたいところだ。
 ただ、チームとして一歩ずつ成長していることは感じられた。「準備してきたことはしっかり出せたので、それを前向きに捉え、次の試合に向かっていきたい」とパクゴン。次節は2位松本山雅FCをホームで迎え撃つだけに、結果で自分たちの成長を示すには絶好の相手となる。「もっともっと高い意識を持って取り組み、次に試合に向かっていきたい。ここで負けたら2連敗になってしまうので、次はホームで上位に松本に必ず勝てるようにしたい」と瀬川。その言葉通り、勝利という結果でチームの力を証明したい。



 【結果】
ザスパクサツ群馬 1−3 北海道コンサドーレ札幌

会場:札幌厚別公園競技場

9月11日(日)12時00分キックオフ
前半 1−1(得点者:19分 瀬川祐輔)
後半 0−2 
入場者数:9056人

詳しくは
http://www.thespa.co.jp/game/2016/game/160911.html
をご覧下さい。

本件に関するお問合せは(株)草津温泉フットボールクラブ 広報部
TEL:027-225-2350 FAX:027-225-2355